>

日頃からの心がけが大きな成果を生む

運動と喫煙

ここでは健康診断で良い評価を得るためには、そして健康診断後も健康な体を保ち続けるためのポイントについてご説明いたします。

まず運動についてご説明いたします。運動は人が生きる上で重要な役割を担っております。運動をしなければ運動不足に人はなってしまいます。運動不足は高血圧や肥満の原因となってしまいます。こうしたことを避けるためにも適度な運動を健康診断前後では心がけましょう。
次に喫煙についてご説明いたします。喫煙はさまざまな病気の原因となります。場合によってはがんなどの重度の病気の原因にもなります。タバコは家族や周りの人にも悪影響を及ぼします。健康診断にて良い結果を得るためにも、健康診断後も健康な体を保ち続けるためにも、そして大切な人を守るためにも徐々に本数を減らしていき禁煙を目指しましょう。

食事と休養について

健康診断の評価には運動と喫煙が関わってまいります。その他にも食事と休養も大きく関わってまいります。

次に食事についてご説明いたします。健康的な体を保つためにもまずは3食の食事を心がけましょう。1回の食事では腹八分目程度の量が適量となります。さらに三大栄養素をバランス良く摂取することも大切になります。偏った食生活にならないように気をつけましょう。
また飲酒に関しましても毎日の飲酒は避けるようにしましょう。休肝日をしっかりと設けたうえで飲酒を楽しむようにしましょう。
健康な体を保つためには休養も大切になります。1日の中で少しでも自分の時間を設けることが大切になります。

以上のような運動、喫煙、食事、休養のそれぞれのポイントに注意をしながら私生活を送るようにしましょう。


この記事をシェアする