>

健康診断は受けるいいことがある?

A評価、B評価、C評価

健康診断の結果はA、B、C、D、E、Fによって表されます。これらの結果内容についてそれぞれご説明いたします。

まずA評価についてご説明いたします。A評価は異常がない場合の評価となります。A評価を得られた方は特に大きな問題点はなく異常な場所も存在していないという結果になります。次にB評価についてご説明いたします。B評価は軽度の異常があることが確認された場合の評価となります。B評価の所見は私生活には問題や影響もない程度の異常となります。しかし症状が悪化し違和感を覚えるような場合には医師に相談をすることをオススメいたします。次にC評価についてご説明いたします。C評価は場合によっては検査が必要になる恐れがあります。すぐの治療とはならないものの経過観察を行なったうえで状況によっては検査や生活の改善が必要となってまいります。

D評価、E評価、F評価

次にD評価、E評価、F評価についてご説明いたします。

まずD評価についてご説明いたします。D評価は異常な所見が確認された場合の結果となります。異常な所見が確認されたが1度だけでは判断が厳しいため再検査が必要な場合にD評価となります。そのためD評価の方は再検査を受ける必要があります。次にE評価についてご説明いたします。E評価は健康診断にて問題が生じている可能性があるため精密検査が必要な場合の評価となります。E評価を受けた方は医師の指示に従い精密検査等を受けるようにしましょう。
最後にF評価についてご説明いたします。F評価は健康診断結果を主治医に見せ引き続き主治医の指示に従いながら治療等を行いましょう。

また健康診断を受ける場所によってさらに細かく評価が分かれている場所もございます。評価に関して分からない点は健康診断を受けた場所に尋ねるようにしましょう。


この記事をシェアする